Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    ストロベリーナイト 最終回 父性
    0
       ストロベリーナイト 最終回 父性がそこはかと・・・
                              JUGEMテーマ:テレビ全般

      ストロベリーナイト 最終回 の原作は、ソウルケイジですが、
      この小説のテーマは「父性」だそうですね。
      その「父性」が、しっかりと描かれていて、泣かされました。

         ◆ ドラマDVD : ストロベリーナイト【Blu-ray】

      保さん(石倉刑事)のセリフ、
      「子どものために死ぬよりも、生きて子どもを見守りたい」
      その通りです。 子供のためにも死ねないのです。
      子供の笑顔、これこそが親の原動力。
      それを聞いて、姫川は入院してる母親に会いに行くのです。
      でも、どうしても親子の確執を越えられず、
      「どんな顔しろっていうのよ・・・」と苦しんでいました。

      また、高岡の切なる願いも、
      自分の起こした事故で、いまだ寝たきりの息子を陰から見守ること。
      そのためには、犯罪だってやっちまうのです。

      それに、日下刑事も、味なセリフで泣かせてくれましたよ。
      「お前らなら、きっといいボールになるよ」
      菊田の姫川への秘めた想いを見抜いていたなんて、
      案外、日下って繊細な神経してるよね。

      原作 ↓が読みたくなりました・・・

        ソウルケイジ / 誉田哲也【単行本】


      | herb-tea55 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

      PR

      Calendar

           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      Profile

      Recommend

      Recommend

      Recommend

      アクセス解析

      テキストエディタ QLOOKアクセス解析

      ボットチェッカー

      Search

      Entry

      Comment

      Trackback

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode
      レバレッジ最大25倍まで